クレジットカードは2枚以上作る

クレジットカードは一時的な借金です。そのため、同時期にクレジットカードを複数枚新規申し込みすると、返す気のない借金目的、または使わないカードを入会特典狙いで大量に作っていると見られ、審査落ちするという噂があります。

これはあくまでよくある噂ですが、無駄に審査落ちしないためにも、念のために時期はずらした新規作成をお薦めします。それもあり、クレジットカードの作成は、計画的に、早めに作成する必要があります。

クレジットカードを2枚以上持参するメリットは、利用限度額の枠を広げられる事、盗難、紛失、スキミングの際の予備カードです。

2枚以上あれば、限度額はそれぞれありますので、当然、限度額は増えます。

特に、盗難、紛失の予備として2枚以上必要なのですが、これ以外にも、海外のATMが誤作動でクレジットカードが出てこなくなる事もあるようです。(カードを吸い込んだままで出てこなくなります)

これは、操作ミスを繰り返しておこる不正利用防止のためや単純に機械の誤作動で起こります。もし、こうなった場合はすぐに返却されない場合があります。

日本ほどキッチリしていませんので、なかなか難しいのですが、盗難、紛失だけでなく、不測の事態に備えて2枚以上の準備をお薦めします。これはワーホリに限った話ではなく、海外旅行でも2枚以上の準備はお薦めします。

※自己防衛のため、街角のATMではなく、銀行併設のATMなどの利用がお薦めです。スキミング対策も同様に、死角になる街角ATMなどが狙われる可能性があります。ATMに細工がしてある場合があります。

カードを作る際は、VISAとMasterCardブランドで、それぞれ分けて作成することをお薦めします。(JCBは、海外で使える場所は限られます。)

日本ではどちらかしか使えないということは無いようですが、海外では稀にあります。VISAしか使えない、MasterCardでしか使えないなど、それでそこまで困ることもないとは思いますが、これから新しく申し込みを検討されている方は、ブランド名は分けた方が賢明です。

次ページ:支払口座はネットバンクに対応させる