支払口座はネットバンクに対応させる

クレジットカードの利用履歴は、ネットから簡単に確認できますが、長期滞在していると、銀行の口座残高が非常に分かりにくくなります。クレジットカードの引き落としが数カ月続くと、イチイチ計算して残高計算することになります。

今では、ネットバンクに対応していない銀行はほぼ無いと思いますが、銀行のネットバンクは、別途手続きが必要になりますので、クレジットカードの支払い口座に指定した銀行のネットバンキングのお申し込みはお忘れなく。

※ネットバンクは、不正アクセスの観点から、海外からのアクセスを禁止している銀行もあるようなので、利用される銀行について合わせてご確認下さい。(支払い用の銀行口座は、カード作成後、後からでも変更できます。)

これが無いと、海外からは残高照会も通帳記入もできませんので、家族にお願いして確認するしか無くなります。

また、クレジットカードを2枚以上作成するのなら、念のため銀行口座も分けておいたほうがいいかもしれません。あくまで不正利用された場合用ですが、ネットバンクの不正利用、不正送金もありますので、余裕があるのなら検討されてみてはどうでしょうか。

海外では、フリースポットを使ってネット接続する場合も増えると思いますが、セキュリティ上、フリースポットからネットバンクへのログインは極力避けたほうが賢明です。

次ページ:クレジットカードのキャッシング利用