海外旅行保険は期待しない

短期旅行ならクレジットカードの海外旅行保険も使える場面がありますが、長期滞在なら充てにしないほうがいいと思います。

クレジットカードの海外旅行保険は、基本的に治療費一時立て替えです。診察の際に必要書類を貰って、日本帰国後に立て替えた費用を請求します。

このため、長期滞在の場合は、請求手続きするために帰国する必要が有る上に、クレジットカードの海外旅行保険は、出発から最長90日迄などの期限がありますので、それ以上の長期滞在には使えません。

補償もそれほど手厚くありませんので、長期滞在なら無視してもいい項目です。

日本でも、仮に無保険で治療しようとすれば、かなり高額になると思いますが、海外でも同様、もしくはそれ以上に高額と言われています。

クレジットカードの保障は、死亡後後遺障害は2,000万円などですが、一番重要になってくる疾病・治療費用が100万、200万円程度になりますので、必ずしも十分な金額とは言えません。
(はっきり言ってしまえば補償額としては全然足りません)

海外の治療費が高額になる事例は、調べればいくらでも出てきますので、気になる方は検索してみてください。

クレジットカードの海外旅行保険が付いていて困るものではありませんが、個人的には、短期旅行でもクレジットカードの保険ではなく、海外旅行保険の加入をお薦めします。まして、1年間の長期滞在になりますので、一般的な海外旅行(留学用)保険でのカバーをお薦めします。

海外旅行用のクレジットカードといえば、海外旅行保険の補償に目が行きがちですが、特に長期滞在の場合は、優先順位が下がりますので、新規作成する際は他の項目重視で決めてもいいのではないでしょうか。